[ Python ] PythonでPostgreDBに接続する方法

[ Python ] PythonでPostgreDBに接続する方法

本記事では、PythonでPostgreDBに接続する方法をまとめます。

 

PostgreDBの起動と、接続情報の確認

DBの起動

postgreDBを起動します。postgreDBの作成などについては、過去記事を参照してください。

接続情報の確認

DB接続にあたっての必要な情報は次の通りです。各説明に沿って情報を取得してください。

  • host (IPアドレス)
    DBのIPアドレスです。ローカル環境であれば、localhostで良いです。
  • post
    DBを開いているポート番号です。DBを起動した時のログに表示されています。デフォルトであれば5432です。
  • database名称
    DBの名称です。忘れてしまった場合、下記操作(*1)で確認してください。
  • user名称
    ユーザー名称です。
  • passward
    ユーザーに設定したパスワードです。
*1 DB名称の取得

psqlプロンプトで ¥l コマンドを実行する。

 

接続ドライバのinstall

psycopg2 のinstall

接続ドライバとして、psycopg2 を使用します。pipコマンドでインストールを実行します。
筆者な以下2つをinstallすることで実行可能となったので、2つのinstallを行うことをオススメします。

接続

pythonを使用して、起動しているDBに接続します。

接続記述

DBへのコネクションを作成するための記述は、次の通りです。

con = psycopg2.connect(“host=ホスト名 port=ポート番号 dbname=DB名 user=ユーザ名 password=パスワード”)

 

接続実行

DBを起動させた状態で、pythonからの接続を実行します。
今回は下記のような記述で、接続を行います。

上記の記述を con.py ファイルに書き込み、実行して見ます。

 

PostgreDBのデータを、pythonから取得することができました。

 

PostgreSQLカテゴリの最新記事